ホーム  お 知 ら せ  囮鮎・入漁券販売所  釣の期間  久慈川のサケ有効利用

久慈川(くじがわ)は、福島県と茨城県の県境にある八溝山の北側斜面に源を発し福島県および茨城県を流れる一級河川、
久慈川水系の本流である。流路総延長
527km(幹川124km,支川403km大子町、常陸大宮市などを経て、日立市と東海村の境界から太平洋に注ぐ日本で有数の
の釣場として有名である。

久慈川
釣り人が選ぶ
「天然アユがのぼる100名川」
に選定されました

(財団法人 日本釣振興会:平成14年度)
川名の由来

 久慈川は、「常陸国風土記」の久慈の郡の条に、「久慈」の由来で「郡家から南、
小さな丘がある。その形が、鯨ににている。
倭武天皇(日本武尊)は、久慈と名をつけられたとありこの郡名に由来します。

アクセス

常磐自動車道 「那珂インター」より
国道118号線にて大子方面へ
約20分で常陸大宮市
約1時間で大子町
各地区に釣りポイントが有ります。

国道沿いに「おとり鮎店」がありますので
入漁票の購入が出来ます。

ryuiki ryuiki ryuiki ryuiki